中国語契約書の作成

日中間の取引においては、両国の法制度や商慣習の違いを意識した上で、各種契約の特性に応じた取引関係書類を作成することが重要です。久田・橋口法律事務所では、中国語契約書の作成、翻訳、リーガルチェック、交渉のアドバイスに至るまで中国企業との契約締結をトータルにサポートします。

 

サービスの特徴

1. 日中の弁護士と専門の翻訳スタッフによる作業

当事務所では日中の弁護士と専門の翻訳スタッフが在籍しています。
日中の弁護士によるチェックを行うことで高い品質を維持します。

 

2. 契約書のドラフトから契約の締結までトータルでサポートします

契約書のドラフトは全て日本語と中国語の両言語で提供が可能です。
実務上問題となる契約書の作成に関するご質問、相手方からの修正要求の日本語への翻訳なども承ります。

 

3. 中国法のリーガルチェックにも対応

中国企業との取引の場合、中国法にも注意を払う必要があります。
当事務所では、中国弁護士と協働することにより中国法に関するリーガルチェックにも対応しています。

 

サービス内容

1.中国語契約書の作成(日本語版の作成も行います。)
2.中国語契約書の翻訳、リーガルチェック(中国法対応可能)
3.取引先から提示された修正要望の翻訳、修正要望に対するアドバイス
4.交渉内容に応じた契約書の修正

 

ご依頼の流れ

1.メールまたはお電話でお問い合わせください。
 
問い合わせフォームまたはお電話でご相談の概要をお知らせください。

2.当事務所からご連絡を差し上げます。
  
当事務所からご連絡を差し上げ、ご相談内容を詳しくお伺いいたします。
必要に応じて資料をご提供いただき、当事務所の作業内容をお知らせし、費用のお見積りをいたします。
  
3.業務委託契約書の締結
  
ご依頼を頂く場合には、当事務所所定の業務委託契約書をご締結いただきます。

4.お打ち合わせ、ヒアリング
  
取引の経緯、取引の内容、その他契約書の作成に必要な事項をお伺いいたします。当事務所に初めてご依頼いただく方につきましては、直接お会いしてご事情をお伺いします。

5.契約書の作成、締結交渉、契約書の修正
  
取引先から修正要望が出された場合には、修正の可否についてアドバイスいたします。また、契約交渉の結果、契約書を修正する必要が生じた場合には、契約書の修正作業も行います。

6.弁護士報酬のお支払い
 
業務委託契約書で定めた方法に従って、弁護士報酬をお支払いいただきます。

 

費用のご案内

契約書の作成、リーガルチェックについては、原則として、タイムチャージ制を採用しております。(タイムチャージ制についてのご説明は弁護士費用をご覧ください)
 
ご依頼を頂く際には、予め費用のお見積りをいたしますので、お気軽にご相談ください。

ただし、お見積金額は、契約書の作成(中国語版及び日本語版)、1回の契約書の修正を行った場合の標準的な金額です。修正を複数回行った場合、契約書及び契約締結交渉に関するご質問を多く頂いた場合には、お見積り金額を超えることもございますので、予めご了承ください。

 

お問い合わせ
Copyright(c) 2015 久田・橋口法律事務所 All Rights Reserved.