相続・国際相続

相続

当事務所では、遺言書の作成、遺言の執行、遺産分割、遺留分減殺請求など相続に関連する業務も取り扱っています。

 

国際相続

亡くなられた方が外国人である場合、相続人が海外に居住している場合、相続財産が外国にある場合などには日本国内の相続案件とは異なる処理が必要となる場合が生じます。

国際相続では、特に当事者間での争いが生じていない場合でも、どこの国の法律に従って解決すべきか(準拠法)を確定させる必要があり、外国法に従って相続を行う場合には、その国の法律の調査が必要になります。また、相続人が外国に居住している場合には、遺産分割協議の作成、不動産の登記手続、預貯金の引き出し、各種名義変更などに手間がかかることが少なくありません。

当事務所では、日本国内における相続案件のほか、外国人や外国にお住まいになっている日本人の方々からの相続に関するご相談にも対応しています。特に当事務所には日本の弁護士だけではなく、中国の弁護士、翻訳スタッフ等も在籍していますので、中国国籍の方々からの相続に関するご相談については積極的に対応しています。

 

お問い合わせ
Copyright(c) 2015 久田・橋口法律事務所 All Rights Reserved.